ブログトップ

箱庭の森

zakurodoll.exblog.jp

薔薇と猫にかこまれ、絵や人形を童話のように創作する日々

いっぱい吐いていたコペルがご飯を食べた!
d0166389_17365383.jpg
d0166389_17381218.jpg

そしてBUNの数値が通常になった!
胃も動き出した。
一時的なものだったのかな?
WBCが高くなってしまっているけどまた薬で落ち着くと思われる。
赤血球の数値も9月から落ち着いているので大丈夫だろう。
食いしん坊だから強い!!
吐かなくなってうんちが出たら明日退院。

問題は今コペルの部屋にいる野良ちゃんだ。
隔離する部屋が無い…困った。
ノアは相変わらずクローゼットに隠れて怯えている…。
[PR]
# by zakuro-ami | 2016-11-22 17:55 | | Comments(0)
コペルが木曜日の夜からご飯を少ししか食べなくなり、金曜日の朝に吐き、柔らかいフードを少しは食べたもののまた夜に吐く、トイレもしなくなった。
土曜日の朝はいつもの場所で眠らないでぐったりで、朝一番で病院へ行ってきた。
誤飲が原因かと思っていたけれど違うみたい。。。
BUNが113.5㎎/dl,CRE6.8㎎/dl で腎不全末期となり入院しています。
LIP/Na/K/CLの数値も悪くなっているので急性ではなく慢性らしいのですが、
10月26日の検査ではBUNは16.8㎎で正常だったのです。。。
今日様子を見に行ったら物凄く辛そうで抱いたりしないで見守ってきた。
尿は少しでたみたいですが、ご飯は全く食べない。
この数か月は数値も安定していたので悲しいです。
コペルは食欲があるから病気にも打ち勝ってきたと思うので、もう祈るしかない。
あと24日で7歳だから頑張ってほしい!
d0166389_210179.jpg


そしてコペルが入院した帰り、小さい猫がいたので声を掛けたらずっと着いて来て…とうとう家まで来てしまった。。。
ご飯をあげたらお腹が空いていたのすごい勢いで食べる。
感染症を持っていると危険なのでノアとは接触させたくないけれど、
ちょうどコペルの部屋が空いているのでそこに入れた。
ちょっと鳴き声は低いけどとても人懐っこくて可愛らしい。
接触させていないけどノアは怖がってクローゼットに隠れている。
d0166389_2121452.jpg
d0166389_21234349.jpg

NPO法人の方に相談して今日メディカルチェックをしてもらったら1歳くらいの女の子で渇いたくしゃみとノミが1匹いたくらいで綺麗な猫ちゃんだった。
首輪もないし、先生も野良ちゃんだろうと言ってますが、こんなに人懐っこくて甘えん坊の子は珍しい。
エイズと白血病検査も陰性でしたが2~3ヶ月位後に再検査するまではノアとは隔離しなけらばならない。
出来れば飼ってあげたいのですがコペルが戻ってくると部屋もないし、ノアとの相性もあるのでなんとも複雑な気持ちでいます。
[PR]
# by zakuro-ami | 2016-11-20 20:36 | | Comments(0)
橋杭岩の朝日は雲で見えなかったけれど、何十人も見に来ていてびっくり!
d0166389_2313172.jpg
d0166389_23133553.jpg

d0166389_23135642.jpg

早起きして一人で散歩、気持ちが良い。
近くでニワトリが鳴いていて、橋杭岩の弘法大師と天邪鬼の伝説を思い出して可笑しかったw
かすかに金木犀の香りも漂って、不思議な世界へ誘われているようでした。
d0166389_2314950.jpg

無量寺の串本応挙芦雪館も一人で行ってきた。
http://muryoji.jp/
長沢芦雪筆、龍虎図、薔薇図、鸚鵡図、伊藤若冲の髑髏図凄く良かった!!
d0166389_23144684.jpg
d0166389_23145931.jpg
                                         ( ↓ 無量寺のHPより画像)
d0166389_1641449.jpg
d0166389_1642824.jpg


JR串本駅で合流し、紀伊田辺へ。
あがら丼とクエ鍋ランチ。
有田の太刀魚重を紀伊田辺で食べたいという母とハンバーガーが食べたいと言い出す妹…全員バラバラなのでまとめるのは難しい。

紀伊田辺から道成寺へ向かう。
d0166389_23154427.jpg

車窓からキラキラ海が輝いて気持ちが良い。
持って行った小説も読み終えた。
d0166389_23155659.jpg

道成寺は安珍と清姫伝説が有名だけど、仏像が素晴らしいと私は思う。
ちょうど秋の本堂特別公開中で千手観音立像が拝めてよかった。
ガンダーラとかアフロの仏像もw
http://www.dojoji.com/

仏像に興味の無い妹はポケモンGOでフシギバナを捕まえた!って喜んでるし。
母はお土産の事ばかり気にしているし。。。
d0166389_23161973.jpg
d0166389_231728.jpg
d0166389_23171185.jpg
d0166389_23173033.jpg
d0166389_2317475.jpg
d0166389_2318833.jpg

それにしても道成寺は団体さんが観光バスで行くところなのか、駅は券売機もコインロッカーもなく、関東から飛行機で行くにはハードルが高い。
d0166389_23182172.jpg

ほとんど曇っていたけど傘を差さずに済みました。
那智勝浦は亜細亜からの観光客はあまり見かけず、西洋人が多かったな。

さようなら和歌山。
d0166389_23183332.jpg

退院祝いに労わってくれるのかと思ったら添乗員のように予定を立てるのも切符を買うのも全部任されて家族旅行はくたくたに疲れました。(行く前から泣いてましたが)
一枚だけ全員の写真を撮ってもらった。
良い思い出になったかな。
[PR]
# by zakuro-ami | 2016-10-20 21:05 | 散歩 | Comments(0)
JRで古座から串本へ移動。
コミュニティバスで潮岬灯台へ。
d0166389_20112331.jpg
d0166389_20213977.jpg
d0166389_20221970.jpg
d0166389_20223156.jpg
d0166389_20224015.jpg
d0166389_2032225.jpg

d0166389_20324591.jpg

パワースポット?潮御崎神社
d0166389_20335049.jpg

凄い木のトンネル!
d0166389_20225286.jpg
d0166389_20233732.jpg
d0166389_20235510.jpg

コミュニティバスを乗り継いで橋杭岩へ。
d0166389_20243040.jpg

橋杭岩の真ん前の民宿はし杭にチェックイン。
[PR]
# by zakuro-ami | 2016-10-19 20:54 | 散歩 | Comments(0)
JR太地から古座へ。
丁度同じ時刻に大阪方面から入る電車から降りてくる父と母と合流。
古座川沿いの月の瀬、鮎のたなみやさんへ向かう。
d0166389_1722860.jpg
d0166389_17222359.jpg
d0166389_17225016.jpg
d0166389_1723176.jpg
d0166389_17232661.jpg
d0166389_17234694.jpg

桜のお茶、秋なのに南紀は桜がちらほら狂い咲き。
d0166389_1724616.jpg
d0166389_17241420.jpg
d0166389_17284273.jpg

古民家(納屋?)で、古座の豊かな自然からの産物を美味しくいただく郷土料理、今では贅沢な時間。
子供の頃、祖母の田舎の徳島の神山へ毎年夏休みに遊びに行っていた懐かしい思い出が蘇る。
昔に近い生活を楽しみながら美しく生きるのってステキ。
古式の火振り漁で捕まえた鮎と大きな川海老がとってもが美味しい。
後ろの写真は火振り漁の様子。
d0166389_17293540.jpg

たなみやの綺麗な東英子さん。お話も楽しくて尽きなかった。
d0166389_17295440.jpg

2011年の台風の古座川の氾濫で水没して壊れた掛け時計。
d0166389_1730532.jpg
d0166389_17321687.jpg
d0166389_17323078.jpg

d0166389_17335477.jpg

あれ?一番の楽しみだったモクズガニを頼んでいたのに出て来なかったんだけど…まぁいいか。
[PR]
# by zakuro-ami | 2016-10-19 14:20 | 散歩 | Comments(0)
翌朝、JR紀伊勝浦から太地へ。
コミュニティバスで移動。
d0166389_16182082.jpg
d0166389_16395792.jpg
d0166389_16185935.jpg

鯨の骨格を資料写真に沢山撮りました。
d0166389_16212313.jpg
d0166389_16245710.jpg

イルカのショウはみんな頑張っていて楽しい!
d0166389_162621.jpg
d0166389_16261413.jpg
d0166389_16263518.jpg
d0166389_16264540.jpg
d0166389_16304972.jpg
d0166389_16284337.jpg

アルビノのスピカちゃんにも会ってきた♪
水の中では白いけど顔を出すとピンクで赤い目。
d0166389_16291032.jpg
d0166389_1630684.jpg

クラゲたちにも癒される。
d0166389_16302258.jpg
d0166389_16303360.jpg

クジラのショウでは丸い頭の子が可愛らしかった♪
d0166389_1633198.jpg
d0166389_16423239.jpg

2時間だったけどもっと居たかったなぁ~。
[PR]
# by zakuro-ami | 2016-10-19 11:09 | 散歩 | Comments(0)
入院中お見舞いに来てくれた家族と「そういえば家族で旅行したのは34年前だったから何処かへ行こう!」ということで南紀に行くことになりました。
私は日本海側へ蟹を食べたいと言ったのですが、母が古座というところのモクズガニが食べたいというので和歌山へ行くことに。
調べるほどに和歌山が良い所でのんびりゆっくり旅したいな…と思うのですが、家族の希望がバラバラで予定表を何回も作り直して出発前から疲れ果てていました。
d0166389_12372669.jpg

飛行機に乗ったら少し晴れ間が出てきた。
d0166389_12374033.jpg

d0166389_12381811.jpg

小説読んでたらあっという間に南紀白浜空港。
d0166389_12383424.jpg

JR白浜駅に着いてパンダがお出迎え。
卒業旅行で白浜へ来たけどあまり覚えていない。
電車との乗り継ぎが悪く、お土産屋さんも定休日で何処も開いていないので駅で小説の続きを読んでいた。
天王寺から妹が乗っていた電車に乗り込んで合流。
d0166389_1239111.jpg

紀伊勝浦に着いてステキな古民家の森本屋さんへ。
d0166389_12434758.jpg

十割蕎麦とまぐろ丼のミニセットとっても美味しかった♪
幸せで元気になった。
d0166389_1244649.jpg

船で太地くじら浜公園へ行こうと思ったら波が高くて桟橋に船が着けないと…なので明日陸から太地に行くことにして那智山行のバスに乗る。
南紀は車が無いと移動が大変なのでいろいろと調べておいたので良かった。
体調が心配だったのにまさかの熊野古道の大門坂を上ることに…雨で石段が滑る…降りる方が大変そうでした。
d0166389_125415100.jpg
d0166389_12552176.jpg
d0166389_12553449.jpg
d0166389_12555620.jpg
d0166389_1255462.jpg
d0166389_12562090.jpg

那智の瀧まで歩き、バスで紀伊勝浦まで戻る。
素泊まりの民宿こいでの3畳部屋に妹とチェックイン。
源泉かけ流し湯川のきよもん湯、名湯なのにほぼ貸し切り状態。
ぬるめのお湯が好みだし疲れが取れて、肌がしっとりさらさら。
[PR]
# by zakuro-ami | 2016-10-18 21:31 | 散歩 | Comments(0)
下北沢バブーシュカさんの『おともだち』展に参加します。
6㎝位の小さな鉛筆画1点です。
d0166389_235023.jpg
d0166389_2349476.jpg

注目は黒猫ちゃんの右目ですw
ポストカードも7種類出品しています。
[PR]
# by zakuro-ami | 2016-09-30 23:56 | 創作 | Comments(0)
d0166389_17131383.jpg

2016年8月23日(火)〜9月4日(日)
12:00〜19:00 最終日16:00まで  月曜休廊

ギャラリーMalle
東京都渋谷区恵比寿4-8-3
tel 03-5475-5054
http://galeriemalle.jp/archives/5311

まつやまけいこ 「赤い蝋燭と人魚」
たかむらゆき 「美しく生まれたばかりに」
田中アユミ 「月夜と眼鏡」
永見由子 「港に着いた黒んぼ」
中井結美 「月夜と眼鏡」

五人の作家がそれぞれ小川未明の作品を自由に想起して描いた作品展です。
d0166389_17132358.jpg

私は「月夜と眼鏡」の童話からエピローグとしてイメージした作品にしました。
おばあさんへのお礼に満月の夜に白い野ばらの香水を届けに来た少女。
六角形の額は窓、円形のマットは月です。
d0166389_17185544.jpg

私は1点のみの参加になります。
小川未明の優しく儚く美しい世界観からのイメージを楽しみに来てくださいね。
d0166389_17215134.jpg

[PR]
# by zakuro-ami | 2016-08-22 18:12 | 創作 | Comments(0)
退院後から現在

2月4日
退院した翌日は主人が会社を休み(もともとこの日が退院日だったため)掃除や洗濯を手伝ってもらう。リハビリを兼ね近所の車の少ない道をゆっくり歩いて食材を買いに行く。

2月5日・6日
母と妹が奈良から来てくれる。
リハビリを兼ねて近所のスーパーに付き添ってもらう。
年末の大掃除が出来なかったので換気扇や拭き掃除、アイロンがけ等をしてもらう。
まだ首が疲れるので30分に一度はソファに横になる。

2月12日
ボタニカルアートの方々に付き添ってもらい汐留のパナソニック電工のボタニカルアート展に出かける…かなり無茶をしたかも。
ランチをして銀座のプランタンまで歩き、チョコレートとパンを買って帰る。
電車の行き帰りとも座れ、複視が出ていないので風景の流れに違和感はない。
歩くのは相変わらず手振れ補正の付いていないビデオカメラみたいな見え方なのでゆっくり転ばないように気を付ける。遠近感が無いので階段は必ず手すりを持つ。
何度かベンチのある場所で休憩する。
久々に沢山お喋りをしてとても楽しかった。(疲れると呂律が回らなくなってくる)
心強いボタニカルメンバーのサポートのおかげで安心して遠出が出来た。
遠くを見ているようなぼんやりした目だと言われる。(眼瞼下垂)

2月17日~19日
妹が奈良から来てくれる。
病院に付き添いをしてもらう。
掃除や買い物を手伝ってもらう。
近くの動物園に行く。
妹が帰ったあとぐったり疲れる。
年末に録画しておいたフィギュアスケートを見ていると物が左右に二重に見える。(複視)
重なってではなく、くっきり2つに見える。
スピンなんかは刃がぶつかりそうで怖い。
※複視は3月中旬まで続き、近所のスーパーまでしか出かけられなくなる。
ガードレール2つに見たり、右から追い越した人が左右2人に見えたり、数メートル進むごとに片目にして確認しながら歩くようにしていた。

2月20~3月上旬
複視で外出が難しくなったので庭の薔薇の手入れをする。
3月までに終わらせたくて必死で頑張る。
重い鉢以外は一回り大きいものに植替え、根っこの確認までは出来なかった。
地植えは掘り返すことも出来ず、誘引と剪定だけ。
紐を結ぶのも良く見えないのでほとんど手袋をせず棘で傷だらけ、転んで膝も擦り剥く。
梯子の上でフラフラするので2階の屋根くらいまで大きくなりすぎたつる薔薇を6本根元から切ってしまった。

2月下旬~3月下旬
30年振りに酷い花粉症になる。
湿疹などアレルギーが強く出るようになる。

3月
人形教室の再開。
終わった後はクタクタ、フラフラに疲れる。
ボタニカルアートの教室に参加。
細密画は目が良く見えない。

3月中旬
複視が無くなった次の週はやたら眩暈がする。

3月下旬
歩いても手振れのような揺れも無くなり、しっかり速く歩けるようになる。
階段も手すりを確認しないで下りられるようになる。
軽い眩暈もする日もあるので朝の体調で判断する。
31日は初めて一人で東京まで出掛ける。

4月上旬~中旬
ハッキリ物が見えないため神経に詳しい眼科の紹介を受け多数検査をする。
・中心フリッカー
・矯正視力
・屈折(1以外)
・精密眼圧
・角膜曲率
・スリットM(前・後眼部)
・精密目底(両)
・眼底三次元画像解析
・精的量的視野(片)
・精密眼筋及び輻輳
・瞳孔機能(電子瞳孔計)
・調節
右目の赤色点滅への反応がギリギリ正常値の範囲でそれ以外は合格。
視力に関しては脳幹脳炎から回復したとの判断。
急に老眼が進んだのか…近く(20㎝位まで)を見る用の処方箋をだしてもらい眼鏡を作る。
普段かけている眼鏡は焦点が合わないけれどそのまま使うことにする。
乱視と弱視と近視と遠視があるので両目で見て0.6までしか見えない。
病気になる前は左目を殆ど使っていなかったけれど、少し使うようになったのか、以前より左目の瞼が大きく開くようになったように思う。

4月21日
誘発筋電図(4神経)検査
右腕と右足に電流を通して反応を見るのですが…先生の足に膝を乗っけての検査ってこれ如何に…。
1月7日に検査した時より反応は良くなっている波形が出ていた。(特に右手小指)
7日は目が見えていないのでこの検査をしていた記憶はほとんどない。
電流を流すと痛い部分もあるのに、痺れで相当感覚が無かったものと思われる。

4月下旬
ほぼ生活は元通りになる。
手の痺れは(左の方が痺れる)回復していない。
とくに気圧の関係か雨の降る前日から直前は痺れが酷い。
右目をつむるとギュギュッという音が鼓膜辺りに響くのも治らない。
神経内科では我慢するしかないと言われ、眼科では分からないとスルーされて困っている。
病気になる前より疲れやすくなったと感じる。
めまいの酷い日もあって、何をするにも以前より時間がかかる気がする。
無理が効かなくなったので徹夜したり、半日でいっきに庭の草むしりをする自信が無い。

5月下旬
中旬に頑張り過ぎてぐったりと疲れ下旬は一週間程ゆっくりする。
すると手の痺れが肘から下だったのが手首から下になり、痺れも和らぐ。

6月上旬
眼科での診察で以前から使っている眼鏡が『普通ではそんな眼鏡は作らない』と言われ驚く。
左右の差が激しく、普通なら調節出来ずこの眼鏡では見えないらしい。
これでも左右の差を縮めるために度を(0.5位に)落としているんだけど。。。
12月まではこの眼鏡で普通に見え、2月中旬まで複視も出なかった。
複視が治ってから近くが見えにくくなったのは突然老眼になったか、病気がきっかけの可能性はあるらしい。
右目は酷使していたけれど、左目は今まで使っていなかったからか凄く綺麗らしい。
左目を使うようになって複視が出たのか?
なんだか急に右利きから両利き(普通)になってどちらも慣れない感じです。
子供の頃から左右の目で色味が違って見えるからどうなるのかな?

6月現在
・倒れてから半年が経ち、普通に生活している。
・無理をすると翌日は何も出来ない。やっぱり疲れやすい。
・手首から指先の両手の痺れはまだ少しある。
・アレルギー体質が強くなった。(花粉症・手や首の湿疹)
・薬(メチコバール)の副作用で口のまわりに吹き出物が出来る。
・疲れると呂律が回りにくくなる。
・目が悪くなった?ハッキリ物が見えない(老眼?)
・副鼻腔炎の影響か右目をつむる度にボコボコ音がする(ドラマとかで使われる心臓の音に似ている)
・体温が35.5度になった(12月は35.1度)
・不整脈はあると思う。
不整脈は以前から。
祖母(ぺースメーカーを入れていた)・母(狭心症)・妹も不整脈があるので遺伝?
以前から検診の度に不整脈でひっかかる。
昨年2月個展の搬入が終わった夜と翌日と5月にも睡眠時に心臓が痛くなり、循環器センターで検査を受けていました。その後は大丈夫だったので激しい運動を避け、ニトロペン舌下錠を持ち歩いていました。


遅くなってしまいましたが、沢山の励ましの手紙やメールやメッセージをいただき、心よりありがとうございます。心強く、力となりました。宝物にします☆
お見舞いに来てもらったお友達からいただいたひざ掛けはソファに置いてあって毎日使っていますよ☆
d0166389_0514925.jpg

元気になるというのは体の中から力が沸いてくることなんだと実感しました。
そして前向きな気持ちが一番大切です。

このビッカースタッフ型脳幹脳炎の体験ブログなど珍しい難病で詳しく書かれている方は少ないため自分がどのように回復していくのかとても不安でした。
人によっても、そして年代別(特に20代)でも症状が違いますが…。
もし独り暮らしであのまま眠る様に意識を失い誰にも発見されないで10日間が過ぎていたら死んでいたと思います。
家族や両親、妹、友達の有り難さを改めて思いました。
この病気になった方やご家族の方に少しでも役立ち、安心していただければと頑張って書いてみました。
今の状態はまだ100%戻ったとはいかないのでまた一年後の症状も報告します。
[PR]
# by zakuro-ami | 2016-06-23 01:00 | ビッカースタッフ脳幹脳炎 | Comments(0)